「大江戸痴女教師」「幕末篇」「第五話」「お披露目、メグの花魁姿」

by ko on Apr 28, 2020
?

Shortcut

Prev Article

Next Article

ESCClose

+ - Up Down Comment Print

マラナ=ミットをイかせ、その場所から逃げ出したメグは、「これからどうしたらいいのかしら」と考えた

で、町を歩いている人に、自分がいた場所が出会い茶屋だということを聞いた

町を歩いているメグは、そこに馬に乗った髭のおっさんに会う

「メグ殿」と呼んだ男は、佐久間象山だった

「ああ、象山さん、どうして私を助けてくれなっかたんですか、あの時、新撰組の人たちに連れ去られて、磔になったり、大黒屋さんの友達と言う外国人に犯されたり

して大変だったんですよ、まあ外国人はイかせましたけど」

「ああ悪いな、だがお主が罪人だと言われたのでな、それにまだ未来から来たとは信じられなくてな」

「まあいいですよ、で、象山さんは、何処へ」

「遊喜屋へ行くのだ、安部殿に叱られてな、まあメグ殿なら悪い奴に犯されてもイかせてしまうから大丈夫だろうけど、メグ殿は一人ではこの江戸の道を知らない

危険な目にあったらどうする気だ、と言われてな、私も剣の達人いざとなったら、助けようと思ってな」

「はあ、そうですか、ありがとうございます、大丈夫ですよ、大勢に囲まれても私の誘惑で全員イかせますから、まあ、でもありがとうございます

じゃあ、まずは遊喜屋に行きましょう」

象山はメグを馬に乗せて、遊喜屋に行く

遊喜屋に着くと、象山は、正外と正太郎と話をした

で、メグは象山の家に居候することになった。

メグは、居候するだけでは駄目なので象山の食事を作った

メグが買い物に行き、買い物の途中でメグを狙って侍や遊び人が来るが、メグが草むらへ誘いセックスをしまくってイかせる

で、その生活が数日続いたころ、象山の下へ手紙が来た、

遊喜屋で待つと言う正外の手紙である

メグと象山が遊喜屋に行くと、正太郎と正外と一人の女性おえいが待っていた

「正外殿、何か」

「実はな、正太郎の幼馴染であるおつやという女の子が、大黒屋に騙され、父親の借金の代わりに遊郭へ売られたというのだ

で、おつやを助けてほしいと頼まれたのだが、私は仕事があるし、で大黒屋の後ろには、旗本の黒木がいる

旗本相手では、迂闊に手をだせない、それで象山殿に力を貸してほしいと思ってな、それに黒木には、気に入った夕月大夫がいるが

実は風邪をひいて出られない、で、どうしようかと、妹のおえいが相談に来たのだ」

「そうだな、どうすればいいか」と象山が考えていると

「あのう、私が花魁として、行きましょうか」とメグが言う

「え、いいのか」と聞く象山

「はい、黒木さんとはまだしたことがないですし、それに私なら相手を全員誘惑して性交しイかせられますから」

「そうかい、じゃあ花魁の衣装だが」と言うと、おえいが

「私、一応、花魁の衣装を持ってきています、誰か代わりに相手を探していたので」とメグに花魁の衣装を着せる

衣装を着てみると「おお、すごいな、しかしその乳は目立たないとは言え、でかすぎるのは判るな」

「じゃあ、行きましょうか」とメグが言うと

「待て、大黒屋が黒木を連れて来るのは夜だ、夜のほうが人目を忍んでいいだろう」と言った

おえいは、遊郭に戻り、夜に変わりの太夫がくることを女将に言い、遊女として働いた

で、夜になり、メグは象山がやとった駕籠で、遊郭に行き到着した

メグは遊郭入ると、おえいに代わりの太夫であることを言ってもらった

「名前は、メグ太夫」という名前にした

そして、大黒屋が黒木を連れてきた、黒木はお茶遊びを楽しんだが、夕月太夫が風邪で寝込んだのを知り、「大黒屋、大夫がいなければしょうがない

この花魁を相手にしよう」とメグを選んだ

で、茶遊びを終えると、みんなが他の所に行き、黒木は布団を引き、メグの着物を剥ぎ裸にすると、おっぱいに吸いついた

「ああん、あん、いいですわ、黒木さん」

「そうか、しかし、お前は見たことがあるような」

「うふふ、そんなことはいいですから、しましょ」と顔をおっぱいに当てておっぱい圧迫をすると

黒木と入れ替わりになり、ノーハンドパイズリフェラをする

「おお、す、吸いつくされる」

「き、気持ちいいでしょ、チュパ、チュパ」とパイズリフェラで精液をすべて吸い尽くされる感じがある

「ドピュ」と精液がでてメグの顔にかかる

「じゃあ、イきましょ」と黒木のペニスを自分の膣内に入れて腰を動かす

「ああん、あん、いいですわ」

「おお、き、気持ちいい、ドピュ」と精液を出す、

さらにメグは、黒木にデイープキス、おっぱい飲ませ、おっぱい圧迫とおっぱいびんた、69、騎乗位を何回もした

「じゃあ、イきますよ」と騎乗位をしながらおっぱいを飲ませ、キスをした

「あああん、いい、いいですわ」

「イってください」

「で、でる、ドピュ」と精液がでた

黒木は精液を出すと気を失い、メグは遊女姿で黒木にの唇にキスをし、部屋から出て行った


Articles

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
Designed by hikaru100

나눔글꼴 설치 안내


이 PC에는 나눔글꼴이 설치되어 있지 않습니다.

이 사이트를 나눔글꼴로 보기 위해서는
나눔글꼴을 설치해야 합니다.

설치 Cancel

SketchBook5,스케치북5

SketchBook5,스케치북5

SketchBook5,스케치북5

SketchBook5,스케치북5